スペイン語と美容オタクOLが情報発信

hatori

NETFLIXシリーズ『ALBA』第4話から学ぶスペイン語



こんにちは。はとりです。

今回もネトフリシリーズの『ALBA』第4話からスペイン語の単語やイディオムを学んでいきましょう!

 

hatoriespanol.com

 

第4話に出てくる単語自体は難しくなく、調べたらわかるものが多かったので、イディオム・文法を中心に解説していきます。

 

 

Tener un lío

①問題がある

②恋愛関係にある

 

叔母から昨晩のディナーに来なかった理由を聞かれてアルバが返した言葉。

 

このイディオムは2つの意味があり、文脈で判断する必要があります。

今回の場合は「ちょっと問題が起きて」「ちょっと立て込んでて」という①の意味が正解です。

 

Pegar un tiro a 人

 

〈人を〉驚かせる

パーティーでルーベンの彼女が真実を知らず、ブルーノにレイプ事件の話題を出した際に、言った言葉。

ビックリするという意味です。

 

tiroは「発砲」「弾丸」という意味がありますが、pegar(くっつく)と一緒に使われると、銃をつきつけられたり、銃弾が自分に引っ付いているシーンを想像してみてください。

 

そりゃあ、びっくりしますよね(笑)

そういう背景から「びっくりする」という意味になります。

 

Montar un numero

大騒ぎする。

 

 

Daria lo que fuera por volver atras

過去に戻るチャンスをあげられたら良かったのに

 

ブルーノがレイプ事件についてハコブに詰め寄ったところ、ハコブが放った言葉。

 

英語にすると "I would give anything to see you again.”という仮定法表現になっています。

日本語にすると「過去に戻るチャンスをあげられたら良かったのに」という感じでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、あまり難しい表現はありませんでしたが、日常会話ではナチュラルに出てくる表現ばかりです。

 

ぜひマスターしてみてください^^