スペイン語と美容オタクOLが情報発信

hatori

【NETFLIX】ハウス・オブ・フラワーズのシーズン3が配信!新キャストや感想

f:id:bocchi037:20200502205117j:plain

 

こんにちは~。

2018年からずっと楽しみに見ていたNETFLIX作品のハウスオブフラワーズの第3シーズンが配信されたので新キャストや感想を書いていきたいと思います。 

menutsu.hatenablog.com

今回でシリーズが終わってしまい楽しみが1つ減ってしまいしたが、ラストに向けて笑いや驚きがてんこ盛りなので時間のある今、興味があれば観てみてください!

 

 

あらすじ

シーズン2の終わりではパウリーナが刑務所に入る所で終わりました。

f:id:bocchi037:20200506185343j:plain

シーズン3では、それをきっかけに過去にデ・ラ・モーラ家で一体何が起きたのか全ての謎が解き明かされます。

パウリーナが不在の間、ヴィルヒニアの母でありパウリーナ達の祖母であるヴィクトリアが家に戻って来て好き放題に振る舞ったり、マリア・ホセの姉プリフィカシオンがパウリーナを出所できないよう根回しするなど大変なことに。

f:id:bocchi037:20200506190542j:plain

一方でパウリーナの妹であるエレーナは弟フリアンの彼氏であるディエゴの子を身ごもったものの事故に遭い昏睡状態に。妊娠の背景を知らない家族はパニックに。

f:id:bocchi037:20200506185416j:plain

トントン拍子にストーリーが進む中で、今は亡きヴィルヒニアの若き日の回想を交えてエルネストとの出会いや壮絶な過去が明らかになりました。

f:id:bocchi037:20200506185750j:plain

今までの伏線がすべて回収されスッキリしたフィナーレになっています!

 

新キャスト

現代

Isela Vega:ヴィクトリア役

f:id:bocchi037:20200502220435j:plain

ヴィルヒニアの母でパウリーナ達の祖母。独善的で横柄な振舞いで嫌われ気味。

Cristina Umaña:キム役

f:id:bocchi037:20200502220349j:plain

弁護士でパウリーナが出所する手伝いをします。LGBTを助ける弁護士を目指しておりマリア・ホセと仲良くなります。

Luisa Huertas :シルビア/チバ役

f:id:bocchi037:20200502215846p:plain

パウリーナが刑務所の中で出会った謎の老婆。デ・ラ・モーラ家とは因縁があり、重要な秘密を握るようで…。

回想シーン

Isabel Burr:若き日のヴィルヒニア

f:id:bocchi037:20200502211559j:plain

若き日のヴィルヒニア。ドラッグやセックスに開放的で母親を悩ませていた。妊娠をきっかけに人間関係が変わっていく。

 

Tiago Correa:若き日のエルネスト

f:id:bocchi037:20200502211614j:plain

エルネストはヴィルヒニアのご近所で親友でした。しかし父親が刑務所にいるため近所から疎まれる存在に。若き日のカルメラとは…?

Ximena Sariñana:若き日のサロ

f:id:bocchi037:20200502211636j:plain

ヴィルヒニアと付き合っていたサロも当時はドラッグをよく使い奔放な男でした。しかしある日をきっかけにヴィルヒニアとの関係は変わってしまいます。

Ximena Sariñana:若き日のカルメラ

f:id:bocchi037:20200502212427j:plain

新しくヴィルヒニアの近所に越してきたカルメラ。ヴィルヒニアとは違い保守的で奔放な彼女たちとは少し距離があったもののエルネルトと恋に落ち…。

Christian Chávez :パトリシオ/パト役

f:id:bocchi037:20200502212445j:plain

ヴィルヒニア・エルネスト・サロと行動を共にしていた人物。ゲイ。

Jorge Levy:アグスティン役

f:id:bocchi037:20200502221110p:plain

ヴィルヒニアの近所に住む。親同士が結婚させたがるが本人たちはノリ気ではない。

 

感想

スッキリした気持ちで観終わりました!

なぜチキスはデ・ラ・モーラ家を目の敵にするのか?というシリーズ通してずっと謎だったことが回想を通じて今シリーズで解き明かされます。

そのほかにも今までの伏線が意外な過去ともに回収されて圧倒されてしまいました。

中には、本編には関係ありませんがクスリと笑える皮肉めいた小さな伏線もあります。

ハウス・オブ・フラワーズは今回が最終シリーズとなり、デ・ラ・モーラ家の過去を知るにつれて悲しいシーンもありましたが、最終的にはパウリーナをはじめとしてエレーナ・フリアンなどみんなが幸せなハッピーエンドになっていて良かったです!

個人的にはブルーノが大きくなって更なるイケメンに成長していることに感動しています。

www.instagram.com

母親(パウリーナ)より大きくなってるのに顔はイケメンのまま保っている!

ブルーノのイケメン具合も注目してほしいところですが、そうでなくてもパッと見は重苦しい雰囲気なのにラテンのノリ全開のコメディ作品になっているので是非見てみてください!